働く・楽しい転職サイトに登録をすると、まずは自分の希望する条件をサイト側に伝えることになります。求人情報は沢山ありますので、できるだけ具体的な情報を伝えておくことで自分に適した仕事を紹介してもらえる可能性が高くなります。その後、サイト側の担当者と打ち合わせをして、実際に求人を出している企業を紹介してもらうことになりますが、その際に、面接の段取りや希望条件などは転職サイト側で話し合いをしてくれることもありますので手間がかかりません。施工管理技士の仕事は非常に忙しいものですから、自分で仕事を探すということは意外と難しいかも知れません。そのためこのような転職サイトを活用することで、効率的に自分の希望する求人情報に巡り合うこともできますので、転職を考えているのであれば活用してみてはいかがでしょうか。 ... Read More »
土木施行管理建築現場における施工管理技士の仕事は、各種工事をまとめた施工計画の作成や、建築現場での工程や品質、安全面などの管理を行なうのが主な業務内容であり、指導的立場に立つ重要な役割を担う仕事です。施工管理技士は1級と2級とありますが、当然1級の方ができる工事の範囲が広がることになりますし、建築に関する深い知識と正しい判断力を持っているという証しにもなります。工事を請け負う企業にとって施工管理技士の数は非常に大切なものですから、できるだけ1級の管理者を揃えておきたいと考える場合が多いです。施工管理技士が転職をするには、自分でハローワークなどで求人情報を閲覧して決めるのも良いですが、その他にも転職サイトを活用するという方法もあります。 ... Read More »
建築施行管理施工管理とは、世間一般でいうところの現場監督のことで、求人も多く出ています。施工管理の仕事内容は、発注者から請け負ったものを工期内に完成させ、引き渡すことですが、その工程のなかには安全管理や品質管理、原価管理などもあります。日本の建設現場では、建設業法第27条に基づく「施工管理技術検定」という国家試験により取得できる、施工管理技士という資格も存在します。この資格には、建設機械、建築、土木、電気工事、管工事、造園の6種類があり、それぞれに1級と2級があります。この資格を取得すると、いくつかのメリットがあります。ひとつめは、現場での役割です。2級を取得していれば、営業所の専任の技術者、主任技術者になれます。1級を取得していれば営業所の専任の技術者、監理技術者、主任技術者になれます。ふたつめは、所属建設会社の評点があがり、総合評定値を高めることです。公共工事を受注する場合には「経営事項審査」を受けなければならず、その審査の技術力の評価において、1級は5点、2級は2点の配点があります。みっつめは... Read More »
カレンダー
2014年12月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
アーカイブ
カテゴリー